人気ランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

西村

Author:西村
松尾寺の近くにある樹齢800年のクスの木です。松尾寺は織田信長によって焼かれたということは、このクスの木は織田信長を目撃しているのかもしれません。数ある巨木の中でも一番のお気に入り。

最近の記事

FC2カウンター

最近のコメント

過去ログ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

この世界の真理について語ってみる
人間は生きている間に、どこまでこの世界を理解できるのだろうか?さまざまなテーマを文章にしてみる自分のためのメモ帳
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

55.幽霊を見た!
 地元に昔から幽霊が出ると噂される小さな踏切がありました。そして、深夜に友人とその踏み切りの横を通ったときに幽霊を見たのです。

 古典的な足のない幽霊で、暗がりに白く空中に浮かんでいました。顔もはっきり見えて、完全に間違いないと思えるほど見事な幽霊でした。

 友人は恐れて道を引き返しました。自分もびっくりして逃げようと思いましたが、一度自転車を止めた後に心を落ち着かせて、その幽霊に特攻しました。

 小学生くらいから、もし幽霊がいるならば、死んでもなんらかの意識のようなものが残ると思っていたからです。

 なので恐怖と戦いながら大声を出して幽霊に勢いよく近づきました。するとフッと形を変えて空に消えました。

 周りを見ると側道の溝から湯気が出ています。この踏み切りの斜め前には銭湯があったのです。

 あの時に友人と一緒になって逃げてたら、超常現象研究家になっていたかも。

スポンサーサイト
54..オタクの定義
 一般的にオタクとは、好きなものに入り込むという認識でしょうか。

 私が考える大雑把なオタクの定義とは、どうみられるか?どうありたいか?で左右に分かれる物だと考えます。

 どうみられるか?というのは、人目を気にするということです。当然オシャレな人に多く、一般的にはかっこよく見られる方かもしれません。

 しかし見た目のかっこよさが本当のかっこよさだという方はいないでしょう。世間を気にせず、どうありたいかで人生を歩むオタクは最高にカッコイイのです。

 しかし、秋葉原でハゲたおじさんがピンクのセーラー服を着て堂々と歩いているのをテレビで目撃した事があります。これはどうありたいかという心境が100%なんでしょう。

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

53.人生にとって重要な鍵
 人生とは90%が現実逃避の歴史じゃないかと思っています。もちろん軽い重いもあります。

 現実逃避を簡単に説明すると、苦痛な現実を直視し続ける事によって脳が不安定になるのを防ぐ無意識な防衛本能だと言えます。

 充実した人生を過ごしている人でも現実逃避ばかりだと思います。しかし、そういった人は「ここだけは逃げてはいけない」という場面が来た時に、正々堂々と戦ってきたのでしょう。

 逆に考えれば、自分は何に現実逃避をしているのかを考えると、それが真っ当に生きるための重要な鍵として浮かび上がってくるのだと思います。

 もしその苦痛を先送りしても消える事はなく、生きている限り降り積もっていくだけです。そして最後は一気にツケを払わされる結果をもたらします。

 実際には、辛い現実ほど向き合うのは困難を極めます。人生にとって本当に重要な鍵ほど簡単には手に入らないという事です。

テーマ:しあわせになる秘訣 - ジャンル:心と身体

52.中国と韓国に謝罪を
 戦争で連戦連勝だった日本。だからこそ最後は壮絶な負け方をする。

 この時に日本全体は右から前例のない極端な左へ向かう。戦争は絶対してはいけないし、一人の生命は地球より重いという事になる。

 日本は思想が偏っても技術力だけは相変わらずスゴイので、のちに大金持ちの国になる。そしてトラブルをお金で解決しようとする。

 ダッカハイジャック事件では、人質はお金になるという教育を施して、犯人を世界に放ったのです。

 沖縄や隣国との揉め事もお金で解決する。中国や韓国にウン兆円ものお金を渡す。もはやシャブ漬けのレベルだ。しかもおおっぴらにせずコソコソとお金を渡す。

 こうした未熟な政府は、日本を揺すればお金になるということを学習する。そして国家はそれに特化したシステムの構築を始める。つまり反日教育です。

 国内の不満を外へ反らす時にも反日は手軽に使えるので、この流れは自動的に加速していく。

 何も知らない国民は政府関係者のためだけに自分を犠牲にしながら反日活動に励む。当然国民に恩恵はない。むしろ精神的土台に歪みを生じさせるだけになる。

 ただ、反日運動もやり過ぎれば、国民の意識がひっくり返って健全になってしまいます。

 わかりやすく説明すると、犬に噛まれる手を引っ張ると余計に牙が食い込んでいきます。しかし、逆に手を犬の喉に突っ込むと、苦しんで吐き出そうとする。生命というのは生きている限り、度が過ぎると極端にひっくり返るものです。

 つまり、韓国国民が悲鳴を上げるまで徹底した反日運動を続ければ、どこかでひっくり返って、まっとうな道に進む流れになるのです。

 このまま韓国が良くなってほしくないのなら、日本の親韓活動家を適度に応援し続ければいいという事です。

テーマ:教育 - ジャンル:学校・教育



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。