人気ランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

西村

Author:西村
松尾寺の近くにある樹齢800年のクスの木です。松尾寺は織田信長によって焼かれたということは、このクスの木は織田信長を目撃しているのかもしれません。数ある巨木の中でも一番のお気に入り。

最近の記事

FC2カウンター

最近のコメント

過去ログ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

この世界の真理について語ってみる
人間は生きている間に、どこまでこの世界を理解できるのだろうか?さまざまなテーマを文章にしてみる自分のためのメモ帳
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

38.死は突然やってくる
 交通事故で即死したというニュースはよく見かけます。この即死したドライバーというのは、突然この世から居なくなると予期していただろうか。

 たぶんこのドライバーは、1時間後の自分も1ヶ月後の予定も想像でき、常に明日は自動的にやってくると考えていたでしょう。健康な人はいつ死ぬか考えて生きていない。

 平均寿命がどんどん伸びている中で、健康に問題のない人は、だいたい80歳くらいまではなんとなく生きているのだろうと思っているかもしれません。

 死を意識させる病気などは、じわじわと死期が近づいてくるために心構えができ、最後に思い残すことがないような行動できる。

 しかし事故死などの突然死というのは全く心構えのないうちに起こり、突然明日がなくなる。そこからテレビの電源が切れるように、この世から一瞬に消えてしまう。お別れの言葉も一切なしにである。

 死というものはゼロであると思っているので死んでしまった後には何の想いも発生しない。そこから先は、自分自身に幸せや不幸などという尺度も当てはめることはできない。

 逆に生きているということは、さまざまな行動や想いによって形を変えていきます。不幸でも幸せでも形となる今が大切だと感じます。以上勝手な想像でした。

スポンサーサイト

テーマ:生と死と。 - ジャンル:心と身体



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。