FC2ブログ
人気ランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ガダムン

Author:ガダムン
ツイッターやってます。@kidouyuusya

最近の記事

FC2カウンター

最近のコメント

過去ログ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

この世界の真理について語ってみる
人間は生きている間に、どこまでこの世界を理解できるのだろうか?さまざまなテーマを文章にしてみる自分のためのメモ帳
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

48.憲法第九条
 教育現場で問題となっているイジメ。イジメられっ子の特徴としては、全く反抗しないということだ。手足を縛られたような状態です。

 人として成熟していないイジメっ子は、ちょっかいを出しても反抗しない事がわかってくると、ストレスを吐き出すためのちょっかいがエスカレートしていきます。

 人対人の場合、どちらかが一方的に悪いという例は非常に少ないものです。

 これと同じ事が中国と日本の関係にも言える。日本には平和憲法の九条があるのに、中国はズケズケとちょっかいを出してくる。なぜなんだろう?

 日本は憲法九条によって手足を縛られている。だからこそ成熟していない中国を調子に乗らせる。こうしてイジメっ子として立派に育った中国は、積極的に他国を侵食しようとする。

 ボクシングに例えると、アメリカの場合はがっちりガードしながら、「いつでも攻撃するぞ」という意思表示があるので、中国も中途半端な挑発ができません。調子に乗らせないのです。

 日本の場合は手を下にダランとさせるノーガード戦法です。「こっちは隙だらけだよ!攻撃してこいよ」と挑発しているようなものです。

 その結果、中国は領海侵犯などのちょっかいを出してきます。これにより一触即発の事件を起こす可能性が起こるかもしれません。反抗しすぎ、しなさすぎは均衡を崩します。

 九条を信じている人は、北朝鮮や中国で九条を広める運動をしない。それは日本人が一番危険な存在だからだ。竹島も力ずくで奪いに来ると思っている。それくらい野蛮な存在に見えるのだ。

 過去に日本は、他国を侵略して残酷な事を多くしたので、日本が全ての武力放棄をすれば、世界の平和は守られると思っている。つまり一番凶悪な国民がいる日本で九条を守る運動をする事が一番効率の良い平和運動なのだ。

 九条護憲派は言葉には力があるから、話す言語が違っても必ず分かり合えると思っている。ただし、国民投票で九条をどうするか決める事には反対だ。

 何故なら同じ言語を話す日本人を説得する自信がないからだ。もしくは日本国民はバカが多いからエリートが先導してあげないといけないと思っているのだろうか?

 九条信者の根幹には、武器を無くして抵抗しなければ平和になると思っている所だ。これが本当ならノーベル平和賞を確実に受賞できるだろう。世紀の大発見である。

 世界の歴史では大勢の人々が平和の為に命を懸けて戦ってきた。そんな人達をあざ笑うような考えだ。平和なんて全くエネルギーを使わずに簡単に手に入る物という認識なのだろう。

 こんな事を考えてると、中学一年生の頃を思い出した。社会の先生が憲法九条の条文を歌にして覚えなさいと強制してきたのだ。みんな意味は分かってないが、職員室の前に行列を作って熱心に暗唱した。

 これは、まだ思想も無い無垢な存在の頭に条文を詰め込んで九条信者にしようという政治活動だ。独裁国家の教育方法をお手本にしたのでしょうか?

 もしもその先生が「私は九条を守るべきだと思っている。しかし君達にそれを押し付けようとは思わない。私は九条がどんな物なのか公平中立に考える材料を与える。後は君達がどう思うか自分自身で判断するのだ。そんな君達が選挙で投じる一票は誰にも邪魔させない。これが民主主義だ!」と言ってくれたなら、とても尊敬しただろう。

スポンサーサイト

テーマ:国家論・憲法総論 - ジャンル:政治・経済



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。