FC2ブログ
人気ランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ガダムン

Author:ガダムン
ツイッターやってます。@kidouyuusya

最近の記事

FC2カウンター

最近のコメント

過去ログ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

この世界の真理について語ってみる
人間は生きている間に、どこまでこの世界を理解できるのだろうか?さまざまなテーマを文章にしてみる自分のためのメモ帳
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

52.幽霊を見た!
 地元に昔から幽霊が出ると噂される小さな踏切がありました。そして、深夜に友人とその踏み切りの横を通ったときに幽霊を見たのです。

 古典的な足のない幽霊で、暗がりに白く空中に浮かんでいました。顔もはっきり見えて、完全に間違いないと思えるほど見事な幽霊でした。

 友人は恐れて道を引き返しました。自分もびっくりして逃げようと思いましたが、一度自転車を止めた後に心を落ち着かせて、その幽霊に特攻しました。

 なぜ特攻したのか?それは小学生くらいから、もし幽霊が存在するのならば死んでもなんらかの意識のようなものが残ると考えていたからです。私は幽霊が怖いから見たくないという人をあざ笑っていました。

 実際に幽霊を見ることができたらそれは途轍もない幸運だと思っていたのです。それをはっきりさせるチャンスでした。

 そして恐怖と戦いながら大声を出して幽霊に特攻です。するとフッと形を変えて空に消えました。周りを見ると側道の溝から湯気が出ています。幽霊と思った瞬間から私の脳は湯気を幽霊に書き換えたのでした。

 この踏み切りの斜め前には昔から銭湯があったのです。その事を全く忘れていました。あの時に友人と一緒になって逃げてたら、超常現象研究家になっていたかもしれません。

スポンサーサイト

テーマ:精神世界 - ジャンル:サブカル



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。