人気ランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

西村

Author:西村
松尾寺の近くにある樹齢800年のクスの木です。松尾寺は織田信長によって焼かれたということは、このクスの木は織田信長を目撃しているのかもしれません。数ある巨木の中でも一番のお気に入り。

最近の記事

FC2カウンター

最近のコメント

過去ログ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

この世界の真理について語ってみる
人間は生きている間に、どこまでこの世界を理解できるのだろうか?さまざまなテーマを文章にしてみる自分のためのメモ帳
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.行動力
 まず行動力のエネルギーとなるのは抑えつけられるということです(バネと同じ)。その意味には物理的と精神的の2種類があります。

 物理的に抑えられるとは、簡単に言えばお金がないのでやりたいことができない、つまり貧乏ということです。お笑いの人たちは行動力に溢れているのは元貧乏人が多いからです。

 お笑いのセンスがある人でも笑わせ続けることは難しいです。そこでたまに笑われることも必要になります。この笑われる作業というのは裸になってあほなことをしたりと非常につらいものがあります。そういう時に普通の人は人前で恥をさらしてまでお金はいらんわという結論になるでしょう。超貧乏人ならこの程度朝飯前です。

 自分の家だけが貧乏で周りがお金持ちなら、ものすごいエネルギーが期待できます。もしくは目の肥えた好奇心旺盛な貧乏人など。あれもやりたいこれもほしい、その対比が鼓動力に変化します。簡単にいえば比較対象のギャップが大きいほど巨大なエネルギーを生み出します。

 次にお金持ちの子供だったのに行動力溢れる人がいます。この人たちは小さいころから精神的に抑えつけられてきた可能性があります。

 精神的に抑えられるとは、お金持ちに生まれても周りからすごい偉大な人と慕われているお父さんや優秀な兄弟と比較されたりして育ってきた人たちです。精神的に追い込まれて、この家を出て行っていつか見返してやる!などといったエネルギーが行動力となるのです。これも比較です。

 その逆はもうわかると思いますが、ほしいものも特になく(だいたい満たされている)、家族も自分にたいして何もプレッシャーを与えない場合はエネルギーを得ることは困難でしょう。

 どちらの環境でも親の育て方が重要になります。裕福な家庭であっても、子供の欲を完全に満たしてはなりません。適度にがまんをさせることが大切です。自分が死んでからも子供にがんばって生きてほしいなら心を鬼にするべきです。

 何事も吸収力と柔軟性のある子供の内に苦労をさせないと、大人になってからの苦労は効率が悪く地獄といえます。

テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://boz2.blog69.fc2.com/tb.php/16-3d7f5dce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。