FC2ブログ
人気ランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

フュージョ

Author:フュージョ
ツイッターやってます。@fusionsax7

最近の記事

FC2カウンター

最近のコメント

過去ログ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

この世界の真理について語ってみる
人間は生きている間に、どこまでこの世界を理解できるのだろうか?さまざまなテーマを文章にしてみる自分のためのメモ帳
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1.イチローは天才?
 世間でイチローさんは天才と呼んでもまず反論はないでしょう。しかし、本当に彼は稀に見るDNAの持ち主なのでしょうか?そのことを現実的に考えて見ました。

 私が考えるには彼の運動神経は100人に一人くらいではないかと決めてみます。これはだいたい3クラスで一人くらいという感じですね。でも運動神経の一番いいやつというのは身長の小さいやつが多かったと思います。

 大きいやつで運動神経がいいやつは稀でした。イチローは180センチ近くあるので、この大きさで運動神経が100人に一人の方はなかなかいないでしょう。いっきに確率は飛躍して5000人に一人とします。

 次にその5000人に一人の存在が野球というスポーツに出会う確率ですが、子供のころ野球とサッカーに二分されましたが、文化系帰宅部も考えると多く見積もっても10%くらいでしょうか?それを当てはめると5万人に一人となります。

 次に野球をするにあたって、体が健康であるということです。しかも足が速くて肩が強いというのはもって生まれたものでもあるので、その体に生まれるという確率は50人に一人くらいにしておきましょう。これで250万人に一人となります。

 次に数あるスポーツの中から野球を好きになる確率ですが、運動神経がいいなら、最初からうまく野球ができるということから、ほとんど嫌いになる要素はないように思えますが、監督が理不尽だったり先輩の無意味なシゴキで才能ある人がいやになって野球をやめる例は結構あります。でも低めに見積もって50%とします。500万人に一人となります。

 次にチチローさんという野球のためにならお金を惜しまずにすべてにおいて協力してくれる父親のもとに生まれる確率です。1000人に一人のお父さんでしょうか?もっと低いような気もしますが、これで500億人に一人になります。低く見積もったつもりだったのですが、それでも500億人に一人です。

 別な言い方を説明すれば、野球に向いている体格と性格、運動神経を持っていて現在もプロ野球を仕事と思っていないくらい野球好きで、野球のためなら協力を惜しまない親父さんの元に生まれて、人生を野球に一点全力集中した非常に効率のいい運命を歩んだ人とも言えるのではないでしょうか?

 ただ精度や力を要求するスポーツなどは、ある程度数字で表すことができるので効率を意識しやすいですが、人の心を動かすという芸術的方面に関しては判断が難しいようです。

 他に性格的にも向き不向きがあり、英才教育をほどこしたからといって成功するとは限らないのは当然の事だと思います。本当に自分に合うかどうか時間が立たないとわからない要因もあるのです。

 これらの結果から、イチローさんのような人握りの存在を合理的に生み出すことは難しいですが、自分がのびのびと楽しめる環境を探し出すことは不可能ではと思います。

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://boz2.blog69.fc2.com/tb.php/2-e694501b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。