人気ランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

西村

Author:西村
松尾寺の近くにある樹齢800年のクスの木です。松尾寺は織田信長によって焼かれたということは、このクスの木は織田信長を目撃しているのかもしれません。数ある巨木の中でも一番のお気に入り。

最近の記事

FC2カウンター

最近のコメント

過去ログ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

この世界の真理について語ってみる
人間は生きている間に、どこまでこの世界を理解できるのだろうか?さまざまなテーマを文章にしてみる自分のためのメモ帳
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30.教育問題
 トラウマというものがある。これは子供のころ強烈な命の危険を感じた時に、その場所や状態に近づくのが怖くなり大人になってもその影響を引きずっていく現象だ。

 これは生物としての防御策といえる。新しい環境で生命が誕生した時、その場所で生き残るために命の危険があるところは近づかないようにするためだと思っている。

 つまり人間は子供のころ、今いる環境で生き残っていくために吸収力を最大にして、感覚や想像力を総動員しながら基本能力を身に付ける。三つ子の魂百までとはよくいったものです。

 大人になっても太ったままの人は、自分が3歳6歳9歳の時に太っていると、肥満細胞なるものが体内に残って痩せにくい体質になっているらしい。

 更には子供のころに鍛えた筋肉は大人になってもなかなか衰えないが、大人になってから筋肉を鍛えても、半年ほどすれば元に戻ってしまう。

 すべての人間は子供のころの実体が基本能力となるため、大人になって身に付けた能力は、ほっとけば子供のころの実体に戻っていくということだ。そういった意味でも教育というのは、幼少のころが一番大切だといえる。

 経験というものを重ねて歳を取ると子供のころの実体を覆い隠すことができる。しかし30歳くらいからちょっとづつ子供のころの実体に戻っていくのだと思う。腕のいい政治家でも歳をとってから考えられない不祥事を起こすのは、じわじわと理性が効かなくなって子供に還っていくからだ。

 子供のころの基本が素晴らしいと大人になれば更に差がでる。テコの原理だ。

テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://boz2.blog69.fc2.com/tb.php/42-675dfb52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

在宅ブログアフィリエイトで副収入

子育てに追われる私も、アフィリエイトでこっそり稼いでいます。コツは優良なサポートを得ることです。 ブログで稼ぐ!アフィリエイトで月収30万円!【2007/01/28 21:04】

単身赴任単身赴任(たんしんふにん)とは、夫婦のいずれか片方が、他の家族成員を現在住んでいるところに残したまま、一人で遠方へ転勤することである。企業の解体、合併の頻繁に起きる今日では、至る所で見聞きすることが多い。夫だけでなく、妻が単身赴任もしくは、子ども 『労働』の知識【2007/10/01 18:55】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。