人気ランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

西村

Author:西村
松尾寺の近くにある樹齢800年のクスの木です。松尾寺は織田信長によって焼かれたということは、このクスの木は織田信長を目撃しているのかもしれません。数ある巨木の中でも一番のお気に入り。

最近の記事

FC2カウンター

最近のコメント

過去ログ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

この世界の真理について語ってみる
人間は生きている間に、どこまでこの世界を理解できるのだろうか?さまざまなテーマを文章にしてみる自分のためのメモ帳
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

34.中国の公害
 近年テレビゲームと同じように人生もリセットできると感じて自殺する事件が起こりました。年配の人達にとっては全く理解しがたい事件です。

 しかし、こういった子供達も我々と同じ全く普通の人間です。異常な状態で生まれた訳ではないと思います。それが自然に感じる部分があったからこそ、こういった事件が起こったのでしょう。

 その事件の原因を考えて見ますと、やはり五感で感じる体験が乏しかったといえます。幼少時代に外が遊び場だった人は、怪我が絶えなかったと思います。その痛みを何回も積み重ねることによって、人の命がどのくらいのダメージで失ってしまうのか推測できるようになります。

 今の子供達は人を殴る手加減が分かっていません。それだけ自分の痛みが伴った学習をしてないのですから当然といえる結果です。

 小さい怪我でも繰り返すことで命の重みを実感できるようになるのです。この部分を感じとることができれば、自殺で人生をリセットなんて考えは起こらないと思います。

 テレビゲームに熱中する子供の環境を言い換えれば、過保護な親が子供の怪我を防ごうとして全く外で遊ばせないといったところでしょう。

 話が変わりますが、今の日本では省エネ技術や公害対策はトップレベルと言われています。それは高度成長時代に大きな痛手を負った歴史があるからです。その歴史を五感で体感した人が、一生懸命訴え続けることによって今日の日本が存在するのです。

 現在の中国では、昔の日本で起こった公害の歴史を繰り返そうとしています。中国はこれから世界的に影響力のある大国となっていきますので、悲惨な公害の歴史を作ることによって、それが新たな比較対照として中国人の五感に刻みつけられ、未来のクリーンな中国が出来上がるのだと思います。

 しかし、この考えは人情味がありません。せっかく日本では痛い目にあった経験があるのに、これを他国に生かさない手はありません。しかも風向きの関係から日本もこの公害に巻き込まれるようです。

 これらの事から日本ではできるだけ公害対策の支援をしているそうですが、私自身はちょっと過保護のような状態に感じて、一党独裁の中国は目を覚まさないのではと思いました。しかし広大な中国相手にやり過ぎることはないと思いますので、公害の対策や悲惨さを訴え続けるのは無駄ではないのかもしれません。

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

昔と違って、今の時代は簡単に他国に行ったりすることが可能な時代です。そのために菌、ウィルスなども直接、運ばれてきます。それを阻止することは大変です。そのことから考えても公害対策の援助、インフラ整備、も大切な事かもしれません。
【2007/03/02 14:25】 URL | #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://boz2.blog69.fc2.com/tb.php/46-1e3c5ad2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。