人気ランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

西村

Author:西村
松尾寺の近くにある樹齢800年のクスの木です。松尾寺は織田信長によって焼かれたということは、このクスの木は織田信長を目撃しているのかもしれません。数ある巨木の中でも一番のお気に入り。

最近の記事

FC2カウンター

最近のコメント

過去ログ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

この世界の真理について語ってみる
人間は生きている間に、どこまでこの世界を理解できるのだろうか?さまざまなテーマを文章にしてみる自分のためのメモ帳
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

43.抵抗勢力
 政治の世界を見ていると、抵抗勢力という言葉を良く聞く。抵抗勢力がなければ、苦労せずに改革が実現されるだろう。だが話はそう簡単ではない。

 分かりやすく説明してみと、もし私が月に5万円の援助を親からされるとする。最初は嬉しいが半年で5万円の振込みが打ち切られたのであれば、まだあきらめも付く。しかし何年も続いていけば、当たり前に感じるようになってくる。

 そして10年ローンを組んで車を購入したとする。そのとたんに親から振込みを中止したいと言われる。私は慌てて抵抗する。それは5万円振り込まれることを前提として、生計を立てるようになってしまったからだ。

 長い間、継続的な収入源(利権など)があると、それを頼りにした体制(雇用など)や生活環境ができあがる。環境に適応していく生物と同じ理屈だ。

 極端な改革によって年収2000万円が500万円になった人と年収400万円が300万円になった人がいたとする。

 長いこと年収2000万円だった人は、年収400万円だった人よりも精神的にかなり苦しいだろう。場合によっては自殺する人もいる。それは2000万円での生活やプライド、世間や家族からの扱いなどが一気に下落するからだ。

 国政によって大勢の人々の生活を楽にするため、ごく一部の人に地獄へいってもらうのが、改革といえるのかもしれない。実際には、そのごく一部の人達は権力というものがあるから、非常に大きなエネルギーが必要となります。

 理想ではゆっくりと改革を進めたいのだろう。しかし長い間大きな変化のなかった国家が実体に全く追いつかず、かけ離れていけばいくほど破壊的改革へのエネルギーを貯めるはめになる。そして堤防が決壊すれば自動的に大改革が実行され、過去にない新しい体制が生み出される。

テーマ:政治・経済団体による集団ストーキング - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

高橋です。
小泉以降の構造改革や規制緩和により、格差社会の不平不満が声高に叫ばれていますが、コレははじめから判っていた事ですよね。小泉は就任時に言いました
「自民党をぶっ壊す」
「聖域無き構造改革」
「改革には痛みが伴う」
全て彼はわかっていました。でも大多数である一般庶民は、格差社会に反対しています。
大企業に対しての税制優遇措置を批判し、公的保護の枠組み縮小に不満を言います。まさに小泉の言った「痛み」です。
地方は悲鳴を上げ、公共事業が取れないと地方財政は破綻するという。
私は常々思うんです。何故地方格差がいけないのかと。あって当たり前の事です。
都心部で居住している物たちは、それなりに対価を払っています。高い家賃を払い、高い固定資産税をとられ、決して高い収入に支えられて楽な生活をしているわけではありません。
その都心部の税収を、地方に配分する方が、不公平で、あってはならないことだと思います。

不便だという地方在住者は、すでに都心部での税収の恩恵にあずかっています。その事を忘れているようです。不便だというなら、都心に出てくればいいと思います。

なんだか感情に任せて書いてますね。すみません。このところ書いて無いので、はけ口が無いのです。

西村さんは普段どのようなお仕事をなさって、またどのような勉強をしてこられたのか、個人的に興味があります。差し支えなければ、教えて下さい(笑)

ではまた
【2008/02/13 06:50】 URL | たかはし #- [ 編集]

高橋さんのコメントで
新しいネタが浮かびました。ありがとうございます。
私の考えを次の記事で述べてみたいと思います。

これからは嫌でも苦しい状況はやってくると思いますが、昔を知らないこれからの若者にはあまり堪えないかもしれませんね。今を生きる人も大切ですが、次の世代を最優先した考え方を重視するべきだと私は考えます。そういった意味では小泉さんのやろうとした事は自然の流れだと思うのですが、20年30年後には奇麗ごとなんていってられない状況がくると考えています。

覚せい剤でのコメントも見ましたが、本当に濃い人生を歩んできたんですね。

私という人間は特に勉強しようと思って生きてきた訳ではなく、波乱万丈な人生でもありませんでした。
単に人より異常に不器用で、痛い目にあってきた分だけ、考えて生きてきた自然の結果によるものです。
好奇心は旺盛でしたが。自己嫌悪に陥るくらい悲惨な人間でしたよw。
ようやく人並みになったかもしれません。

仕事は車関係の商売をやっております。特に社会的地位もない普通の一般市民です。
高橋さんがショットバーをやっていたように、私もある実験で小さな飲食店をやったことがあります。
いろんな人と会話が出来て、本当に楽しい想いをしました。これが案外天職だったのかもしれません。

最近では蕎麦屋を開きたいと考えています。
蕎麦関係の人脈もそろってきました。この世界は非常に楽しいです。
小さいお店でいいので、なんとか実現できたらいいなと考えています。

現在はバタバタしてまして、HPの更新もなかなかできませんが、
いつでもネタが浮かべば、メモしてストックしている状態です。
高橋さんははけ口がないそうで、もったいない話です。
こちらのコメント蘭でよろしかったら、関係のない話でもどんどん書き込んでください。

高橋さんも今はどういった仕事をやってるんでしょう?また教えてください。
【2008/02/13 18:11】 URL | 西村 #sSHoJftA [ 編集]


貴殿が言われてる事から推察すると、政治家は存在するには至らないという事でしょうか。自然の摂理が解決するとばかりに述べられているに見受けられます。が、果たしてそうといえるでしょうか。過去の出来事から推察するに、戦争や利権、談合、なども、少しずつではありますが、昔と比べれば遥かに、減ってきています。それは、やはり人の介入がなければ、ずっと続いていたかもしれません。断言はしないが。要はバランスの問題といえるでしょう。
【2008/07/14 04:55】 URL | 野中義正 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://boz2.blog69.fc2.com/tb.php/59-ff7eb308
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。