人気ランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

西村

Author:西村
松尾寺の近くにある樹齢800年のクスの木です。松尾寺は織田信長によって焼かれたということは、このクスの木は織田信長を目撃しているのかもしれません。数ある巨木の中でも一番のお気に入り。

最近の記事

FC2カウンター

最近のコメント

過去ログ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

この世界の真理について語ってみる
人間は生きている間に、どこまでこの世界を理解できるのだろうか?さまざまなテーマを文章にしてみる自分のためのメモ帳
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

44.死刑制度
 死刑廃止論者は日本国民の20%と言われています。つまり被害者遺族を1万人集めれば2000人の廃止論者がいるということになります。

 実際には、犯人を死刑にしないでいいという意見は、ほとんど聞いたことがありません。つまり、当事者となった時点で考えが変わったのだと思います。この部分については統計を取ってほしいです。

 存置論者は、被害者遺族が死刑にしないでいいと訴えれば、ほとんどの人がそれ以上の口出しをしません。

 廃止論者は被害者遺族の人生に割って入ってきます。つまり廃止論者の責任は重いです。そこまでするなら、いざ自分が当事者になった時に、気が変わるようなことがあってはだめです。

 そういうタイプの廃止論者は石碑に名前を刻んでから活動してほしいものです。そうすることで言葉に重みや責任が出てくるでしょう。

 しかし、廃止論者の言い分も良く分かります。残酷な殺人事件を冒した人間は、マトモな教育もされていない未完成な存在であり、野獣と同じであると考える。

 子供は生まれてくる環境を選ぶことができない、それが奇跡的不運な方向へ流れて悪質な殺人事件を起こしても、それはある意味、自分で選ぶことの出来ない自然の流れの中で起こる出来事で、交通事故と同じような側面があると考える。

 人に自由意思はないという事なら、廃止論者のいってる事は間違っていないのかもしれません。しかし、刑罰問題に直接影響する残酷な事件を減らす努力をしないで、目先の死刑だけを止めようとする行為は筋が違うと感じます。

 ただ、廃止論者という反作用がいなければ、死刑について考える機会がなくなり、簡単に死刑が執行されるかもしれません。つまり廃止論者に向かい合う事が、より冤罪のない秩序の保てる罰則への理解を深めていく事につながる訳です。

 現時点の罰則制度がもし大きく間違っていたら、大きな反動を伴って修正されるだろう。当分変化がなければ、今はこのやり方で生命の秩序を保てるベストな状態を示す。つまり今が正しいのかは、後になって見なければ分からないとも言えます。

 個人の意識ではなく大勢の意識が関わる行動や精神には、偶然などなく、生命が地球に生存し続けるための、その場面で最も良い割合をほぼ自動的に取りながら進み続けると考えます。

 私が思うに、残酷な殺人事件なのに残酷な刑罰を適応しないのは左翼です。こう考えると現在の死刑制度は中道です。

 ただ冤罪は一切無しで、国家による殺人がないという条件付きの話です。死刑執行官は真面目に働いているだけなのに、恨みのない人を殺す行為は精神的に辛いはずです。この場合は遺族に任せるべきです。もしくは一般の方から公募するという事です。

 ちなみに廃止論者は、世界の潮流は死刑廃止に向かっていると言います。確かに私も他国に住んでいたら、廃止論者に寝返ります。

 なぜなら日本以外は冤罪が多そうだからです。汚職も多いでしょうし、のんきにしていれば何時犯罪者にしたてられるかもしれません。捜査能力もずさんだと思います。明日はわが身なんて感覚です。

 また、一人の殺人者を死刑にすることによって、失われていたはずの普通に暮らしている一人の命を救えるという統計が日本にあるなら、話の展開が変わるかもしれません。

 最後に、今すぐ行える効果的な死刑廃止活動を考えました。死刑廃止を書面上で内密に意思表示した人は、自分が悲惨な殺人事件の犠牲者になっても加害者を死刑にしないで良いという事にします。
 
 取り敢えずこれだけで死刑執行が確実に20%下がるでしょう。存置論者からも異論は少ないと思われます。これにより刑罰に対して明確に向き合う事が可能でしょう。

テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

お久しぶりです。^^
時々寄らせていただいていましたが、久しぶりに新しい記事を拝見出来て嬉しく思います。
相変わらず西村さんらしいというか、とても難しい問題について、とてもよい角度で切り込んで分析し、またそれを上手に文章に起こす能力にも感心させられました。
私は死刑廃止論者ですが、先日ひとつこんな事を考えました。
基本的に死刑は存続し、終身刑というのも併用しながら、国民や被害者感情の変遷を時間をかけて見て行くのも、一つの方法かと・・・。
また、死刑が確定した後、一定期間拘置所に置き(現在のように)被害者のみが、その免除を与える事が出来る様にするなんてどうでしょうか・・・。
今、鳩山法務大臣が死刑の執行を次々と行っています。
私は死刑廃止論者ではありますが、ある意味この人はすごいと思います。
大臣職などというものは、一定期間が過ぎれば入れ替わってしまいます。自分の押す「ハンコ」ひとつで、人が一人死ぬのはきっと気の進むものではないでしょう。在任中執行指揮書に「ハンコ」を押さなかった大臣は、おそらく「次の人に任せよう、時間が経てば入れ替わるんだ」
そんな気持ちがあったでしょう。

それとは全く別の問題として、「鳩山氏」の言動はちょっと首を傾げたくなるというか、まあ個人的には見ていて面白いので嫌いではないのですが、ある意味、ちょっと「タリナイ」感じのこの方に、命のハンコを押されるのは、気の毒なようにも思えます(笑)

いま、「裁判員制度」が進みつつあります。私はあまり賛成できません。
それは、仮に全く同じ事件内容であっても、選ばれた裁判員の性格や考え方によって、結果に違いが生ずるからです。
よくない、とは思いませんが、「むずかしい」といえるでしょう。

これからも頑張って書き続けてください。チョコチョコ覗かせてもらいます。
お元気で。

たかはし
【2008/04/28 05:25】 URL | たかはし #- [ 編集]

ひさびさに更新してみました。
高橋さんこんにちわ。
今の仕事が後半年くらいで軌道に乗りそうなので、がんばっていました。
たまたま死刑判決のニュースが目に入ったので、暇な時にいろいろ考えていて
組み立てられた考えなんです。
本当は死刑問題なんて大して難しそうな理屈ではないと思っていたのですが、
廃止と存置の意見がここまで、分かれることに明確な回答はなかなか見つかりませんでした。
これは真理に大きく関わる問題だなと考えた結果、本当にこの問題には頭を支配されました。

これからは日ごろから、なんとなく考えていることが、徐々に自然な形となって、ある程度の結論ができたら書き込んでいくスタイルになっています。ペースはちょっと遅いですね。
日ごろの事件に対するコメントなども書いてみたいと思いますが、なかなかそういうコツコツしたものが長続きしなさそうです。

高橋さんの案ですが、私も賛成ですね。非常に平等な考えです。
今のところ光母子などの弁護士は遺族を傷つけるような運動や発言になっていますが、
遺族の考え方を変えるという形になれば、また新たな視点で展開してくれそうです。
かなり発展性が上がると思います。
残酷な事件が多い場合は、被害者遺族だけの判断ではダメでしょうけど、今のところは問題なさそうです。

高橋さんは体を張って人並み以上に五感を使って生きてきたと思うのですが、そういう方は死刑存置派だと思っていました。しかし、波乱万丈な波を幾度も繰り返すことで、いろんな事を悟った時に、急に考えがひっくり返るのかなと考えたりしますw実際、廃止論者の中で例外と思われる方を知っています。宮崎哲也さんもそうじゃないでしょうか。

仕事が落ち着いたら、これから結構な時間的余裕ができそうなんです。だからその整備に必死です。気合いれます。
【2008/04/29 19:47】 URL | 西村 #sSHoJftA [ 編集]

こんにちは^^
こんにちは^^たかはしです。

おしごと、どんなものを進めているのでしょうか・・・?
飲食ですか?
ごく最近、川口駅前のラーメン屋のオーナーから、店の切り盛りをする人間を紹介して欲しいと依頼されました。いい店なのですが、紹介できるいい人材が見つからず、手付かずです。

今月から「児童養護施設支援の会」という、団体を作りました。
ちゃんとまじめな支援団体です。

暇な時にでも覗いてみてください。
http://risecommunication.community.officelive.com/default.aspx

またあたらしい記事楽しみにしています。

お仕事がよい方へ向かうことを願っています。

たかはし
【2008/05/27 21:40】 URL | たかはし #- [ 編集]

こんにちわ
 実は最近まで入院していました。かなりきつい髄膜炎でした。退院してからもちょっと感覚がおかしいので今はのんびり過ごしています。

 仕事ですが、車関係をやっています。あまり大した仕事ではありませんが、時間に追われることのないので気に入っています。飲食にも興味はあるのですが、私のやりたいのは手打ち蕎麦屋でなかなか簡単にはいきません。大阪は蕎麦よりうどん派ですからねえ。

 HP見せてもらいました。すごい活動的ですねえ。私もいろいろやりたい事があるのですが、まだまだゆとりがありません。またなにか手助けできるようにがんばります。^^ノ
【2008/06/02 17:39】 URL | 西村 #sSHoJftA [ 編集]


髄膜炎・・・・
大変だったんですね・・・。病気の苦しさは、患った本人しかわかりません。
私には想像するしかできませんが、大きな怪我を何度か経験しているので、健康の大切さは身をもってよくわかります。

それでも人間は、健康に戻ると忘れてしまうんですね。

今、CO2とか、空気汚染とか対策会議が行われていますが、もし、
「このままじゃ3時間後に、酸素がなくなるよ」
と言われたら、みんな電気も火も消して対処するでしょう。
でも、30年後、50年後の話をされても、なかなか現実味を感じ取る事はできません。
街には車が走り回り、夜になれば無駄な電飾が街を華やかに彩ります。

なんか似ているような気がします。

私はタバコを吸いますが、肺がんになったらタバコをやめられるかもしれません。^^

私が始めた活動は、これまで生きてきた中で行ってきた事への「罪滅ぼし」なのかもしれません。そんな風に考えているわけじゃないんですけど、自分の深層心理のどこかに、そんな気持ちがあるように思えるのです。

関係ありませんが、私は「うどん派」です。更科・・(?)のような、白いそばは食べますが、真っ黒いのは苦手です。きっと、「黒いそば」に追いかけられたら逃げると思います^^

車関係の仕事ですが、私も「古物」の資格について考えた時、色々と調べたのですが、中古車の場合保管スペースの確保など規制があるようですね。そもそも私の場合、あと3年半は「欠格事由」に引っかかってしまい、資格を取れない事になっています。
それでも、「金融流れ」の車などの話は、私の周辺で色々動いており、友達につないだりは時々しています。

お体を大切に、また面白い記事を楽しみにしております。
ご活躍を。

たかはし
【2008/06/02 20:46】 URL | たかはし #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://boz2.blog69.fc2.com/tb.php/60-885dfedb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。