人気ランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

西村

Author:西村
松尾寺の近くにある樹齢800年のクスの木です。松尾寺は織田信長によって焼かれたということは、このクスの木は織田信長を目撃しているのかもしれません。数ある巨木の中でも一番のお気に入り。

最近の記事

FC2カウンター

最近のコメント

過去ログ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

この世界の真理について語ってみる
人間は生きている間に、どこまでこの世界を理解できるのだろうか?さまざまなテーマを文章にしてみる自分のためのメモ帳
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

47.右も左もない世界
 国家が経済界を先導するに当たって、もっとも重要視しなければならないことは、商法を使って右と左のバランスを調整することです。

 わかり易く説明すると、タクシーの場合は地域ごとに台数制限をします。そして最低運賃を設定します。こうしたルールの範囲内で競いなさいという事です。ある意味、軽い談合といえます。

 これはスポーツと同じです。現在のサッカーは長年の積み重ねからバランスの良い楽しめるルールを完成させた姿です。

 商売は与えられる環境は複雑なので簡単にはいきませんが、国は全力を挙げて最優先でルール作りに取り組むということです。国家の存在意義の一番上にくる課題だと考えます。

 他の例で言えば、酒屋を経営したい場合、コンビニなど誰でも気軽に参入できないように、酒類販売の制度を設けます。店の設置間隔は半径500m離します。大型店は開業できないと定めます。

 この状態だと、よほど怠け者な経営者でない限り営業は続けられる。努力すれば利益も上げられる。スケールメリットを使って小規模店を攻撃できない。

 つまりある程度のがんばりでサラリーマンを脱出でき、新たな安定就職先を自ら生み出せ、小さな社長を大量に増産できる訳です。

 更には、もしリストラされて年齢的に再就職が厳しくなった時、酒屋を始めるなどして危機を回避できます。これがセーフティーネットです。生き延びるための選択股を増やすのです。

 これからの商売は、ネットを使った無店舗直販が多くなるかもしれませんが、お酒は年齢制限があるのでネット販売禁止などの処置をとるなどして、守る体制も必要になります。

 大型店の一括大量仕入れは自営業者を弱体化させ、中間業者も消し去ります。一般消費者は価格が安くなるので大歓迎でしょうが、何れ市場縮小になるだけです。そしてその皺寄せは、自分達の給料へ跳ね返ってきます。

 あまりにも高効率化を目指すと社会格差につながる訳です。こういった場合でも、適正なバランスで商法を定めれば大型店を適度に弱体化でき、利益集中を防げます。

 高度成長期には、このような法律や組合が業種ごとにあって守られてきた。これをもう一度見直す必要がある訳です。

 日本はいち早く、そういったルール作りをして世界にこのシステムがうまくいってる姿を見せ付けるのです。これが本当の圧倒的力を持つ平和への貢献だと考えます。

 今のうまくいっている商売は一括大量仕入れ・長時間労働・他国の安い労働力を当てにしたシステムばかりですが、何れ行き詰るでしょう。これは将来に備えた負の歴史を作っている最中になります。公害問題と同じです。

 つまり、すべての事象というのは振り子のように右左を繰り返すのですが、時間が経てば小さい振幅へ変わっていく事を意味します。

 優秀な結果を出せる人は普通よりも収入がアップして、普通にがんばって働けば安定した収入を得ることができ、働かない健康な人は飢え死にしてしまうのが、浮き沈みの小さい理想的な世界だと考えます。

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://boz2.blog69.fc2.com/tb.php/63-91e59dee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。